必要性を知る

婦人

自動車保険の必要性について

自動車を所有している人は、強制保険である自動車損害賠償責任保険、通称「自賠責」に加入することとなります。しかし、自賠責保険は対物に対する補償は一切ありません。また、対人補償も事故の内容によっては必要とされる補償額に足りない可能性があります。そのため、万一の事故の備えとして、任意の自動車保険に加入することは必須であるといわれています。わが国の自動車保険は、等級制度によって事故実績などで保険料を割り引く制度を採用しています。また、かつては代理店を経由して販売する形態が一般的でしたが、近年では通販型と呼ばれる保険会社の契約数が増えてきています。代理店を経由しない通販型は、代理店型と比較して保険料が安い傾向があります。

等級制度等の割引制度について

現在では、かつてと比較して交通事故による死亡者数は減少傾向にあります。これは車の安全装備の充実や医療技術の向上などもその要因であると考えられています。一方、高齢化の進展により高齢ドライバーによる交通事故は増加傾向にあるといわれています。そのため、自動車保険の保険料については、高齢ドライバーの保険料について見直す傾向がみられています。また、等級制度についても、保険事故を起こしたドライバーについては、翌年の保険料を高めに設定する方向で見直しがされるようになりました。また、リスク細分型といって、年齢や走行距離など様々な条件に応じて割引を行うことを売りにしている自動車保険も見られるようになっています。

Copyright© 2017 保険相談や見直しを行い便利に利用【保険チョイスはバッチリね】 All Rights Reserved.